主な変更点

・新規に「ユーザメニュー」の設置

ユーザ個別の設定等は「ユーザメニュー」として画面右上にまとめられました.「メッセージ」や「ログアウト」もこちらから利用することができます(「マイホーム」は「ダッシュボード」と名称が変更になりました).



・コース内のトピックの削除が可能に

コース内のトピックについては,これまでどおり「編集」「ハイライト」「非表示化(隠す)」を行うことができますが,このたびトピックの「削除」も可能となりました.トピックを削除すると,トピック内に含まれるリソースや活動も併せて削除されます.




・デフォルトエディタの変更

デフォルトエディタが「TinyMCE HTMLエディタ」から「Atto HTMLエディタ」に変更されました.
エディタの編集メニューはデフォルトでは折り畳まれていて,数個の機能のみが表示されていますが,をクリックすることで全ての機能を表示することができます.

またエディタは変更することも可能です.

エディタの変更方法
  1. 画面右上の「ユーザメニュー」をクリックします
  2. 「プリファレンス」を選択します
  3. 「プリファレンスを編集する」を選択します
  4. テキストエディタ欄にて,利用したいエディタを選択します(デフォルトエディタを選択した場合も「Atto HTMLエディタ」になります).



・小テストで利用できる問題形式の追加

ミッシングワード選択問題

 語句を選択して解答する形式の問題です.


 

ドラッグ&ドロップテキスト

 語句をドラッグ&ドロップで空欄に並べて解答する形式の問題です.


  

ドラッグ&ドロップイメージ

 テキストまたはイメージを背景イメージの適切な場所にドラッグ&ドロップして解答する形式の問題です.


 

ドラッグ&ドロップマーカー

 テキストを背景イメージの適切な場所にドラッグ&ドロップして解答する形式の問題です.

 ドラッグ&ドロップイメージと似ていますが,背景上にドラッグできるのはテキストのみとなります.またドラッグする場所は空欄で指示されず,あらかじめ設定された領域上(出題時,設定した領域は表示されません)にドラッグ&ドロップして解答することになります(画面下に並んでいるテキスト左上の円を適切な領域にドラッグ&ドロップして解答します).



STACK

 数式で解答する形式の問題です.



・数式の表示:Mathjaxの利用

これまで数式の表示には「TeX表記」というプラグインを利用していましたが,今後デフォルトプラグインは「Mathjax」となります.

インライン表示

\( \sin(x) \)
のようにLaTeXコマンドで表した数式部分を丸括弧で囲むと \( \sin(x) \) のようにインライン表示となります.


ディスプレイ表示

\[ \sin(x) \]
のようにLaTeXコマンドで表した数式部分を角括弧で囲むと \[ \sin(x) \] のようにディスプレイ表示となります.

最終更新日時: 2017年 01月 4日(水曜日) 18:58