対象の身体状況を包括的・系統的に査定し、臨床看護判断を行うための知識や技術を学ぶ

目的・目標
・対象の身体状況について系統的な全身の診査方法を理解し活用できる
・臨床判断を行うために必要な思考過程を理解し活用できる
・現在の症状、身体所見の正常・異常について履歴を含めて包括的に解釈しできる
・緊急度の高い身体状況を識別できる
人類の発展の歴史を踏まえ、未来を見据えて変化する社会を展望し、新たな看護の役割を創造し担うための看護革新力の基礎を修得する。

博士前期課程 地域看護学の特別研究です