変更事項:STACKの利用(問題変数の扱い)

小テストの問題形式の1つである「STACK」での変更事項について説明します.

これまで,問題変数(仮に \( p \) とします)を問題文中で利用する場合は

「@p@」

のように,変数 \( p \) を2つの「@」で挟んでいました.現在は,この部分が

{@p@}

のように,変数を「{@」と「@}」で挟むように変更になっています.

ご利用の場合は修正をお願いいたします.

なお,問題変数の定義はこれまでどおり「問題変数」の欄で設定し,設定にはコロン(:)を利用します.
例)p : (2*x^3+1)^2


Last modified: Tuesday, 9 April 2019, 8:26 PM